読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがわーるど

23歳、93年生まれの雑記

短期のアルバイト落ちました(2回目)

社会 雑記

f:id:kazupi421:20170203194835p:plain

やはり短期のアルバイトとはいえ、悔しいものがある。

目次

応募までの経緯

再就職のつなぎとして、1月は「短期のアルバイト」をスマホで探していた。

いい求人ないかなーと思う日々。

朝起きて、まず気にするのがスマホでの求人情報。

ベッドでゴロゴロしながら、Twitterを見つつ、スマホの求人をのぞく。

1月末になろうとしていたとき、いい求人が出現した。

それは、某大手家具屋さん。

条件としては、時給が高いし、期間は2ヶ月までだし、

アクセスも悪くない。

家からバスで全然通える距離だし、

これはきた!

思い、早速応募してみることにした。

 

応募してみる

f:id:kazupi421:20170203203239j:plain

応募はお電話でもwebでもできます!

と書かれていた。

私は、なるべくはやく連絡を取りたかったので、

電話にした。

しかし、電話したところつながらず。

2回目も電話したが、つながらず。

やむを得ず、webでかんたん応募してみることにした。

 

担当者からの電話

web応募した当日くるのかなと待っていたが、

なかなか相手から電話が来ることはなかった。

採用担当者からの電話が来たのは、2,3日後。

企業からのメールは届いていたので、把握はしていた。

遅くとも3日後以内にはお電話しますとのこと。

忙しいためか、午前中ではなく、夕方過ぎに電話が来た。

「ご応募ありがとうございます。」

電話は女性のスタッフ。

対応はまあまあ良かった。

電話の内容は、面接日と簡単なアルバイトについての説明、質疑応答など。

次の日は何も予定がなかったので、次の日面接することになった。

 

面接日、当日

憂鬱な気持ちになりながら、自宅をでることに。

その日は大荒れで、悪天候。

大雨の中、面接へ向かうことにした。

緊張しながら、20分前に会社に到着。

集合場所で待機してると、採用担当者が現れた。

「こちらへ、どうぞ。」と。

まず、面接で聞かれたことは、

なぜこのアルバイトを応募したのか、なぜ前の会社をやめたのか、

勤務時間帯、希望する勤務日

などについてだった。

短期のアルバイトにしては、細かく聞いてきた。

私はこういった質問は慣れているので、軽々と質問を答えていった。

面接の最後に、「性格検査」をして終了。

採用結果だが、採用であればお電話します。

不採用ならお電話は一切しませんとのことだった。

性格検査(せいかくけんさ)とはパーソナリティを把握するための心理検査である。質問紙法、投影法、作業検査法に分類される。知能検査、発達検査などとともに心理検査の一種である。

(引用:Wikipedia)

性格検査の内容を簡単に言えば、

「あなたは気分が沈みやすいですか?」

「あなたは深く考えることが多いですか?」

みたいな感じだ。

それらの質問に○か×かを記入していく。

ありのままの自分を知るためで、深く考える必要はない。

 

面接後

f:id:kazupi421:20170203204926j:plain

終わったら開放感の気持ちでいっぱいだった。

気分転換に買い物をして、自宅へ帰ることにした。

採用結果だが、私の携帯にその会社からの連絡は一切くることなかった。

くやしい気持ちでいっぱいだが、これは定職につけ!という

暗示なのかもしれない。

 

敗因として考えられることは

敗因として考えられることは3つある。

マイカー通勤が前提だった

住んでいるところが田舎なもので、マイカー通勤が必須だった可能性。

私はバスで通勤しようと思っていたので、条件に合わず。

また、勤務時間が7時~23時のシフト制となっており、

バス通勤では通勤が困難で落としたのではないかと考えられる。

 

勤務日調整の難しさ

今回のアルバイトは、2月~3月までの短期のアルバイト。

2月はそこまででもないが、

3月が一番繁忙期だそうで、3月はいっぱい働いてくださいと伝えられたことに対し、

私は、3月に大阪旅行を控えているので

「3月13日から16日はお休みをいただきたいです」と

伝えたのが問題と考えられる。

シフト制とはいえ、4日間連続のお休みは厳しかったとわかる。

 

希望スタッフの不一致

もう一つの敗因として考えられるのは、希望スタッフの不一致。

私は前に出て接客スタッフとして働くよりも、

裏方で黙々と荷造りスタッフとして働いている方が好きだったので、

バックヤードスタッフを希望した。

しかし、採用担当者からは、小売業である以上、接客も

ありますよ、と私に伝えていた。

しかし私には、接客経験はほとんどないので、

接客業をある程度経験している人を優先した可能性が考えられる。

 

これからは、どうしていく?

f:id:kazupi421:20170203204906j:plain

ハローワークには週1で通っていて、

そこそこいい求人が見つかったので、

職員の方に、紹介状を書いてもらおうと考えています。

また、2月の上旬、スマホで求人をチェックしていたら、

3月限定のアルバイトが見つかったので、

そちらにも応募しました。

アルバイトしつつ、就職するのが一番ベストな方法だと思っています。

 

まとめ

f:id:kazupi421:20170203204948j:plain

短期のアルバイトだが、2回目の不採用で悔しい気持ちでいっぱいだった。

気にしてもどうしようもならないので、深く考えず、前へ進んでいく。

空白が開いた分、時間を有効活用して有意義な生活にしていきたい。

 

関連記事

短期のアルバイト落ちました - いがわーるど

内定がほしい、就活生へ!16卒が5つのアドバイスをします! - いがわーるど

1ヶ月ピッキングアルバイトをやってみた感想 - いがわーるど