いがわーるど

24歳、93年生まれの雑記

2ヶ月間、和菓子製造の短期アルバイトをした感想

「パン工場 フリー素材」の画像検索結果

こんばんは。かずぴーです。

 目次

就職のつなぎとしていた、

短期アルバイトが終わったので、

感じたことや思ったことを

まとめてみました。

これから工場勤務をしたい!

製造業に携わってみたい!

という方は参考に

していただきたいです。

即、採用

短期だし、特に問題も

なかったため、即採用の電話が

入りました。

ちょうどアルバイト探しを

していたので

決まってよかったです。

短期アルバイトの概要

時給は最低賃金。

最低賃金の割には重労働。

時給1,000円になるなら、

やる気は出た。

休みは完全週休2日制。

休みに関しては全く不満は

ありませんでした。

定時は8:00-17:00。

毎日ほぼ残業で、

帰りは19,20時。

残業代はしっかりつくので、

残業代で稼ぐというスタイル。

休日出勤はおいしい。

時給が割増しになります。

業務内容は、

和菓子の製造で、

仕込みから包装、

シール貼りまでしました。

男なので、力作業もありました。

20kgの砂糖を運んだり。

大きい窯を製造機に

入れたり。

このおかげで

だいぶ筋肉が付きました。

1回だけ、パン工場のほうに

手伝いがほしいということで、

パン製造のほうにもちょこっと

担当しました。

パン工場のほうは、

慣れてないせいか、

怒られまくりました。(笑)

さっさと私が担当していた

部署に戻りたかったです。

感じたことや思ったこと

コミュ障には天国

コミュ障にとっては天国です。

話をせずひたすら単調作業を

すればいいからです。

お客様はいないので、

気を使わなくていいです。

ただ、

ずっと工場勤務だと

コミュ障がさらに悪化しそうな

気がしました。

時間経つのが遅い

工場勤務あるある、

時間経つのが遅い。

時計を見て、

まだ8:30か。

と思うことは結構

ありました。

なので、

妄想ばっかりして

自然と時間が経過していくように

していました。

脳内BGM、余裕でした。

ラインはかなりきつい

日によってはラインを

担当する日もあって、

あれは申し訳ないが、

二度とやりたくない。

まず腰や肩が激痛になるし、

作業スピードが速すぎて

おばちゃんに

迷惑がかかりました。

ずっと下を向いているので、

視力低下もしたような感じが

しました。

できればラインには

入りたくなかったです。

若者がする仕事じゃない

パン製造や和菓子製造を

やってみて感じたことですが、

「これって若者がする

仕事じゃねえな」

って思いました。

どちらかというと、

おばちゃんやおじちゃん向け。

時給は最低賃金だし、

若者がアルバイトするんだったら、

もっと時給がいいところで

アルバイトすべき。

時給は最低賃金だったけど、

たまに無償のパンを

いただいたりしたので、

その点はうれしかったです。

まとめ

新人にも丁寧に仕事を

教えてくれたし、

直属の上司も良い人で、

理想の上司でした。

かっこいい上司でした。

自分もこんな風になりたいと

思えるような上司でした。

教え方は上手だし、

新人の身になっていろいろ

考えてくださったことも

ありました。

就活しながらの

アルバイトだったので、

休みには考慮してくれました。

また、

歳が割と近かったし、

話しやすかったです。

偶然にも名前が一緒だったのは

びっくりしました。

全体的に人はよかった。

仕事はきつかったけど、

みんなで協力してがんばろう

というスタイルであったので、

やりがいがありましたね。

振り返ってみると、

働きがいが十分に

ありました。

工場の人間関係って、

殺伐としている

イメージですが、

私の部署は、

そうでもなかったです。

笑いのある職場だったし、

私自身も笑顔が絶えませんでした。

おもしろい方がたくさんいて、

人には恵まれていました。

お世話になりました。

長期でアルバイトするなら

 「うーん」という感じですが、

短期アルバイトなら

工場勤務は

おすすめします。

おすすめ記事

【2017年4月】ゆとりブロガーの有益なツイートを解説していくよ! - いがわーるど

誕生日お祝いリプをくださった方を紹介するよ! - いがわーるど

24歳になりました!感じたこと、わかったこと - いがわーるど