読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがわーるど

24歳、93年生まれの雑記

1年間旅館の厨房でアルバイトをしていた経験を語る

社会 雑記

f:id:kazupi421:20170215204042p:plain

話は5年前。

スーパーのアルバイトの次に

はじめたのは旅館のアルバイト。

大学1年生の夏休み最中の話。

ちょうど自動車免許を取り終わった私。

 目次

一本の電話が入る

f:id:kazupi421:20170215204442p:plain

アルバイト先でも探さなきゃなーと思ってたところ、

ちょうど夏休みで帰省していた友人から一本の電話が。

「かずぴーさ、

俺いま旅館でアルバイトしてるんだけど、

よかったらこない?」

との連絡が。

私は免許取り終わったところで、

ちょうどアルバイトを探していた。

なんともいいタイミングで連絡が入った。

「いいよ」と私はありがたく承諾した。

どうやら、

その友人は大学の学生寮に帰ってしまうので、

引継ぎ役として

私を紹介したみたいだ。

朝早く、旅館へいく

f:id:kazupi421:20170215204704p:plain

まずは友人と2人で旅館へ行くことに。

朝5:00。

旅館のアルバイトは朝が早い。

その友人の親の車でアルバイト先まで

送っていただくことに。

すごく眠かった。

私と友人は旅館に着いた。

5:20到着。

旅館の裏口にあるドアを開けて階段を上っていく。

「おはようございますー」

そこにいたのは

仲居さん。

笑顔で迎えてくれた。

さらに厨房の裏口に入ってみると、

厨房の皿洗いで一番偉い人、Aさんがいた。

「あら、おにいちゃん、

おはようございます。よろしくね。」

いいかんじのおばちゃんだった。

「つらいかもしれないけど、長くいてね」

みたいなことを言われて、

前のアルバイト先とはずいぶん働いてる人と雰囲気が

違ったようだった。

「かずぴーです!今日からお世話になります!

こちらこそよろしくお願いします!」

と元気にあいさつをした。

Aさんと友人でどういった仕事なのか、

付き添いで教えてもらうことに。

初日はよくわからずなにをしているのか

よくわからなかった。

自分に合っているアルバイト

何か月かして旅館のアルバイトをはじめて感じたことは、

「自分に合ってるな」と。

別にすごく苦になるわけでもないし、

人も良かった。

朝起きるのがつらい私だったけど、

仕事は自分に合っていた。

朝5時起きのもので、

前日は21時とかに寝てました。

また、友人と遊んでいるときも

朝早いアルバイトだったので、

はやめに切り上げたりしていました。(笑)

朝5時、

スマートフォンに鳴り響くアラーム音。

5:30には家にでれるようにして支度をし、

自転車で旅館へ向かう。

仕事内容はお洗濯、配膳、

皿洗い、お掃除、雑務。

珍しく、男性の私がお皿洗いをしていました。

帰りは9:30にだいたいの仕事が終わって帰れるので、

10時には家に着いていました。

それから大学へ向かう感じでした。

(アルバイトのある日はきつかった)

就活に専念するため、辞めることに

1年以上続いていたアルバイトですが、

就職活動に専念するため、辞めることに。

仲居さんにもお世話になったし、

私を気遣ってくれたAさんにもお世話になった。

辞めることを告げる際、

旅館の事務所に立ち寄ると、

事務のおじさんが「やめちゃうのー?」

と残念そうな顔で私を見つめていた。

私は「就活に専念するので!やめます!」と

堂々とやめます宣言をした。

最後にお世話になったAさんと握手して、

お別れの言葉を告げた。

「いままで大変お世話になりました!

ありがとうございました!」

Aさんは「勉強がんばってね。

就活がんばってね。」

とあたたかい言葉をいただいた。

別れを告げた後、私はいつも通り自転車で家に帰ることにした。

まとめ

1年以上続けることができた旅館のアルバイトですが、

よかったです。

よかったことをまとめると、

  • 地味なアルバイトだけど、自分に合っていたこと。
  • 面接もなく、友人がアルバイトを紹介してくれたこと。
  • 働いているひとがよかったこと。
  • 怒られたり、注意されたり、たくさん指摘されたけど、いい上司でした。
  • 仲居さんはおばさんばっかりだったけど、可愛がってもらえたこと。
  • 早寝早起きになった結果、朝型人間になったこと。

仕事はテキパキ、

スピーディーにこなすという教訓がわかったこと。

逆にわるかったことをまとめると、

  • 朝がとてもはやいので起きるのがつらいこと
  • 年上ばっかりなので気を使わなければいけないこと
  • 旅館業はお盆年末年始が稼ぎ時なので、長期休暇がないこと
  • 忙しい時はほんとうに忙しいので、休みが取れず7連勤が当たり前なこと

です。

アルバイトをしていた結果、

就職面接でも話のネタにすることが

できたのでよかったです。

就職面接ではほぼアルバイトをしていましたか?と聞かれるので、

アルバイトはやっておくとベストです。

損はしません。

お金ももらえるし、経験値ももらえる。

おばちゃん元気かなー。

関連記事

1ヶ月だけスーパーのレジでアルバイトをしていた経験を語る - いがわーるど

短期のアルバイト落ちました(2回目) - いがわーるど

1ヶ月ピッキングアルバイトをやってみた感想 - いがわーるど